家計簿, 貯金

新しい貯蓄目標

2018年に入り、1年の短期目標の他に長期的な目標も立てることにしました。

子供が中学校を卒業するまでに1000万貯める

…というものです。無謀かしら。

とりあえずこのブログ開始とともに決めた貯金の目標が100万円を貯めること(2017年10月〜2018年12月)でした。10月は出費が多くて貯金ができませんでした。11月もなんだかんだで残ったのは5000円だけ…というなんとも情けない実績。12月はボーナスと年末調整できっちり貯金はできましたが、こりゃ短期的な目標だけでは波が大きすぎてダメなんじゃ無いか、と思ったわけです。

毎年コンスタントに貯められる力をつけなくては、というのが長期的な目標を作るに至った経緯です。

現在子供は小学校2年生。中学校を卒業するまでにはあと7年と2ヶ月(86ヶ月)あります。ゼロからのスタートとすると、1年あたり140万強を貯めれば達成することになります。少し厳し目かな、とも思いますが、やってみる値はあるかな、とも感じています。

結婚する前に貯金をしていなかったことと、離婚時に財産を持っていかれたおかげで(笑)、現在の貯金は約270万円。ここから1000万に乗せるには、1年あたり103万を貯めることになります。とりあえずはこちらを第一目標として(すでに弱気)、貯金を頑張りたいと思います。

2017年10月       0円

     11月    5000円

     12月  400000円

これがブログ開始から今までの貯金実績です。本格的に貯金する元年なので、15ヶ月で100万貯める、という少し緩めの目標に設定しています。12月は特別多かったですが、1月からはきっちりコンスタントに貯金をキープして残し貯めもしていきたいと思っています。頑張るぞー。

そもそもなぜ1000万円なのか?というと、一番の大きな理由は「子供が自由に進路を選べるように」です。あと私が「好きなものを買い揃えたい」から。私は高校を選ぶ時、英語科のある学校を希望していました。だけど私立だったり公立でも下宿をしなくてはいけなかったりと、金銭的に無理だったので結局地元の高校に進学しました。大学も同様に、金銭的な問題で地元を遠く離れたり、私立大学は最初から候補に挙げられるわけもなく、地元から近い国立大学に進学しました。最終的には希望の職に就けたので文句はありませんが、いやー親のプレッシャーが半端なかったわー。小学生の頃から「国公立に行け〜、公務員になれ〜」という呪文をかけられてきましたから(大笑)。だから、子供には選択肢の幅を広げてやりたいという親心です。

あとは、心豊かに過ごすために好きなものを少しずつ揃えたい、という私の物欲のためです。好きなものに囲まれて過ごすのってとても贅沢なことだし素敵なことだと思うので、今頑張っていずれはそういう生活を送りたいな、なーんて考えているわけです。

あー、宝くじ当たらないかなー(すでに他力本願)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください