ダイエット

流行りの酢キャベツに手を出してみた

どうも3月末の送別会シーズンから4月の歓迎会シーズンで培ったお肉が重い!ということで、テレビで見て気になっていた酢キャベツを自分でも作ってみることにしました。

レシピも検索すると色々あって、最初に塩もみするものや酢と一緒に塩を入れるもの、はたまた酢オンリーというものまで。

私はといえば、元々がめんどくさがりなもので塩もみはせず、千切りしたキャベツをジップロックに入れ、ちょうど3分の2ほど残っていたお酢をぜーんぶ入れる、という何ともシンプルな方法で作ってみました。

テレビでは芸能人が口々に「思ったより食べやすい」とか、「お酢だからさっぱりしてていい」とか言ってましたが、私には

酸っぱすぎて全く口に合わない

張り切って半玉分も千切りしたのに一口でギブアップ。

そうだ、私は酢の物が嫌いだったんだ。

もずく酢だけはもずくが好きなのでなんとか食べれるというか耐えられるというか。

普通の酢の物は全く口にしない人間でした←なのになぜ作ったのか

とはいえ、食材をそのまま捨てるのはお母ちゃんとしてのポリシーに反するので、どうにかして食べられるように色々工夫してみました。

1 火を通すと酸っぱさが落ち着く

ごま油でささっと炒めて白ごまをふると、少し酸味が落ち着いて食べることができました。

2 なんちゃってサンラータン風にする

お湯を沸かしガラスープの素を加え、好きな具材を入れて中華スープを作る。そこに酢キャベツを入れると元々酸味のあるサンラータンみたいな感じになって、これはモリモリ食べられました。辛味が欲しいときは唐辛子やキムチを入れて。スープの具は何でも相性が良さそうです。私のヒットはしめじとレタス。他に豆腐や豚肉を入れても良さそうだし、そこにニラや白菜を入れればかなりボリュームのある汁物ができあがります。私は豚肉ではなく茹でてあったササミを入れました。

3 とにかくキムチとよく合う

ごま油を熱してキムチと酢キャベツをよく炒める。これだけでも十分美味しかったし、タンパク質をプラスするのであれば豚肉を投入してもいけました。キムチを入れすぎてしまったら卵とじにしてまろやかにすると食べやすくなります。


酢キャベツときゅうりダイエットを併用しているせいもあるかもしれませんが、これを食べ始めてから明け方にトイレに行きたくて目が覚めます。4時半くらい。←迷惑…。

私は必ず寝る直前にトイレに行かないと落ち着かないので、寝る前はカラッポなはずなんですが…。

おまけに寝る前はそれほど水分を摂っていない(と思う)ので、利尿作用なのかむくみが取れているのかどちらなんでしょうかねぇ…。ちなみに酢キャベツときゅうりを食べ始める前はきっちり6時半に目覚ましがなるまで夜中に起きることはありませんでした。

体重の方も右肩下がり、というわけには行きませんが、1日の中でも増え幅が減ってきたように感じます。磨キャベツダイエット、もう少し続けてみようと思います。

あ、空腹の状態でお酢を摂りすぎると胃が荒れるので気をつけてくださいねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください