家計簿

1ヶ月を33日でやりくりする方法

以前挑戦して半年くらいでやめてしまったやりくり方法があります。それは、

1ヶ月を33日としてやりくりする、というもの。

これを続けると、11ヶ月で363日やりくりする、という計算になるので、1ヶ月分のお給料が丸々浮いてしまう、というものです。このやり方、結構嫌いではなかったのですが、引越しやらなんやらバタバタしたのと、その当時はたった1〜2日のプラスでも結構大変だなぁと思って自然とやらなくなっていきました。NMD(お金を使わない日)を設定している今ならやれそうな気がするかも。

<nachi的1ヶ月33日やりくりルール>

  • 1ヶ月を33日としてやりくりする
  • 光熱費など固定出費は当該月分の給料から支出する
  • やりくりの内容はざっくりでも記録しておく

こんな感じでやっていました。この方法のメリットは、

①1年続ければまるっと1ヶ月分のお給料が浮く

②ゲーム感覚で節約を楽しめる

③やりくりできた時の達成感が大きい

デメリットは、

①1ヶ月33日はかなり長い

②給料日とやりくり期間がずれるので計算が面倒

③やっぱり33日って相当長い

実際の記録ノートは捨ててしまったので、↓こんな感じで記録していました。

2017.9.1.〜10.3.(33 days)

給料 200,000 

固定 120,000 → 80,000/33 = 1日2,424円!

*実際の数字とは異なります。

1日いくら使える、と数字を出しておき、予算より余った分は翌日に繰り越したり気分によっては貯金箱に入れたり。または使えるお金から使った分を引き算し、「あと○○円使える」、なんてゲーム感覚でやっていました。昔からやりくりが緩いのは変わってないんだな私(笑)。

キリよく来年からまたこの方法でやってみようかな? 色々温めておこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください