英語は語順で決まる

私は 昨日 本屋で 辞書を 買いました。

   昨日 買ったの 私 辞書を 本屋で。

   辞書 買ったさ 私 本屋で 昨日。

上の3文はいずれも意味が伝わる文章です。同じことを英語でできるでしょうか。

I bought a dictionary at the bookstore yesterday.

   ? I yesterday at the bookstore a dictionary bought.

   ? Yesterday bought I a dictionary at the bookstore.

   ? A dictionary bought I at the bookstore yesterday.

変ですね。日本語は「てにをは」という助詞があるため、単語をどの位置においても比較的意味の通った文章を作ることが可能な言語です。

しかし、英語というのはその置き場所に明確に意味を持たせているので、日本語ほど自由に動かすことはできないのです。

もうひとつ例文を紹介します。

She loves you.   彼女はあなたのことが大好き

この文の単語を入れ替えてみます。

You loves she.  

sheは「彼女は」という単語なので、位置が変わっても「彼女はあなたのことが好き」という意味だと思う方もいるかもしれません。

ですが、2つ目の文章の意味は「あなたは彼女のことが好き」です。動詞に3単現の-sがついているのにも関わらず、「彼女は〜」という意味にはならないのです。

つまり、英文の意味とは単語を置く位置で決まるのです。

その基本的な配置を表しているのが、いわゆる「5文型」というものです。

  第一文型  S + V

  第二文型  S + V + C

  第三文型  S + V + O

  第四文型  S + V + O + O  (O1, O2と表されることもあります)

  第五文型  S + V + O + C ( O=C )

これです。これにてこずってきた人も多いのではないでしょうか。

覚えるまでは何が主語でOは何だったっけ、みたいに混乱を招くんですよね。また5文型っていう言葉の響きも今ひとつとっつきにくい。内容を知る前からあまり覚えたくなさそうな雰囲気を醸し出しているのも事実です、5文型(笑)。

*同様にタイトルだけで嫌な気分になるのは「仮定法」「過去完了」などですかね。中学生あたりだと「受動態」「関係代名詞」なんてのはよく敵認定されます。

長めの文章を見ていると嫌気が差してくる原因は、5文型の基本の形を習得できていないところに加えて、場所や時などの修飾語句がたくさんあって何が何やらわからないところにあります。

ですが、その文章の体幹さえ見極めてしまえば、あとは飾りです。それを知っているだけで、気持ち的にも楽に英文を読んでいけると思います。頑張りましょう。

次回からは5文型を少しずつ解説+練習問題という形で進んでいきます。

どんな教材で英語を学べばいい?

本屋に行けばたくさんの文法書が並び、パソコンを開けばネット上には様々なサイトがあり、学習する身としては何を選択すべきか迷ってしまうことはありませんか?

学習者と学習ツールとの相性はとても大事で、各自のモチベーションにも大きく関わってくるファクターです。

身も蓋もないことを言ってしまえば、パラパラっと本をめくってみたり、サイトをのぞいて見たときに、自分が「これなら飽きなさそう」と思ったものを選べば良いのです。

よく、まだ自分がそのレベルに達していないのに「いずれはここを目指すんだし」とハイレベルな教材を選ぶ人がいますが、それはあまり意味がありません。

現在の自分のレベルに合っていないので、難しいから続かなくなります。「痩せたら着るから」と細身の服をついつい選んでしまう心理に似ているような気がします(経験談)。

大事なのは、勧められるがままにそれを選択するのではなく、一度試して自分に合う合わないを見極めることです。いくつか私が実際に使っているサイトを紹介しますが、自分に合わないなと感じた方は他のサイトを探してくださいね。

https://atsueigo.com

atsuさんによる英語学習サイト。Distinctionという単語帳はこれまでの単語帳のイメージを一新します。実生活にも則した、また英検1級の単語帳にも出てくるようなフレーズがバンバン登場します。You Tubeチャンネルもあります。かなりおすすめ。atsuさん自身はオーストラリアで働いていたこともあり、オーストラリア発音の英語を話されます。

https://ak-media.ca

カナダで活躍しているakaneさんのサイト。まずakaneさんがかわいい。カナダ留学に関する情報やビジネスで使えるフレーズの紹介などもりだくさん。こちらもYou Tubeチャンネルあります。カナダ英語は割と聞き取りやすいです。

私がいちばんよく使っている文法書がこれ。大西泰斗先生(@HIROTOONISHI)の解説はとてもわかりやすく噛み砕かれているのでおすすめ。相棒であるクリス先生とのやりとりも面白い。ご両人にお会いしたこともありますが、お二方ともとても気さくで優しい方でした。
こちらはヨウコさんのYou Tubeチャンネル。メイク動画を英語で説明したり、むかつくことを言われたら英語でこう切り返す、ご自身の海外での体験の話など色々な動画を上げています。コッテコテのアメリカ英語(に聞こえる。私もそうなのでとても聞き取りやすい)です。何がびっくりってこの方独学でここまで英語を仕上げています。すごい。

他にもいろいろありますが、私がよく利用しているのはこの辺りです。現在の私の課題は英検1級を取ることと会話の質を上げることなので、他にも自分に合った教材はないか探しているところです。

学習サイトでも書籍でもYou Tubeでも、今は様々なメディアを自分で選択できる時代ですので、色々なレビューを参考にしていちばん「しっくりくる」学習ツールを見つけてくださいね。

英語を自分のものにするには

 

みなさんは英語に対してどのような印象を持っていますか?

現役の学生の方、英語は得意ですか?

元学生の方、学生時代は英語の授業は好きでしたか?

近年では小学校から外国語活動が導入され、もはや普段の生活から英語は切っても切り離せなくなりました。

さらに、2020年度からは小学校5・6年生で英語が必修の教科となり、ますます英語を学習する必要性が高まっています。

ですが、中学・高校と6年間、多い人はそれ以上学校で英語を勉強してきたはずなのに、上手く使いこなせていないと感じる人が多いのはなぜでしょうか。

また、テストはできるけど会話になると…という人もいるでしょう。

このサイトでは、あなたの英語スキルの向上をお手伝いします。

 

現在英語が苦手でなんとか克服したい人

もう一度いちから学び直しをしたい人

 

私自身もまだまだ勉強中の身ですが、一緒に頑張って行きましょう。